アルバニアの世界遺産(カルパティア山脈とヨーロッパ各地の古代及び原生ブナ林)

アルバニアの世界遺産は3つ、文化遺産が2つ、自然遺産が1つです。
自然遺産として指定されている、「カルパティア山脈とヨーロッパ各地の古代及び原生ブナ林」について、ユネスコのサイトより引用いたします。

「カルパティア山脈とヨーロッパ各地の古代及び原生ブナ林」に登録されているのは、12の国・78の地域で、アルバニアでは、以下の2か所が登録されています。

 Rrajca は、オフリド湖の近くで、近くを車で通りましたが、全然知らなかったです(ひ)

Name & Location State Party Coordinates Property Buffer Zone
Lumi i gashit Albania N42 28 53 E20 3 26 1,261.52 ha 8,977.48 ha
Rrajca Albania N41 12 11 E20 30 2N42 28 53E20 3 26 2,129.45 ha 2,569.75 ha

the last Ice Age, European Beech spread from a few isolated refuge areas in the Alps, Carpathians, Dinarides, Mediterranean and Pyrenees over a short period of a few thousand years in a process that is still ongoing. The successful expansion across a whole continent is related to the tree’s adaptability and tolerance of different climatic, geographical and physical conditions.

Description is available under license CC-BY-SA IGO 3.0

Ancient and Primeval Beech Forests of the Carpathians and Other Regions of Europe