リンのモザイクと初期キリスト教会跡

◆ことの発端

目の前に開けた大パノラマの中に赤い屋根と白壁の可愛らしい家が並ぶ。私が初めてリンという村のことを知ったのは、2018年5月、ティラナの病院で虫垂炎の処置をしてもらい、何とか退院して、帰国のため陸路ギリシャに急いでいた時でした。対岸に見えているのは、北マケドニアのオフリドの町です。
オフリド観光の予定は、入院のため果たせませんでしたが、私を自家用車で送ってくれたWander_Albania社の社長氏が「あれがLINだ。古い遺跡もある」と言うのを聞いて、遺跡に目のない私は、まだ見ぬオフリドの町以上に強く再訪したい、との念に駆られたことでした。
そして今年(2019年6月)、まさにアルバニア再訪の計画を練っていた最中に、LINを含むオフリド湖のアルバニア側が、先に指定されていた北マケドニア部分を延長する形で、世界遺産に指定されました。
「何としても行ってみたい。」ますますつのったその願いは叶い、8月頭、この景色の撮影となりました。急なお願いでしたが湖畔のゲストハウスに泊まることができ、丘の上からの景色や文化財、村人と触れ合いは、はるかに期待を上回るものでした。

 

◆イリリア人の時代から綿々と続く暮らし

小高い丘に登ると、ヨーロッパで最も古い「古代湖」のひとつであるオフリド湖の大パノラマが開けます。そこには第三紀(6430~260万年前)に遡る固有種が数種生息していると、UNESCOのサイトは記述しています。発掘調査の結果、このとても小さな半島の東側(写真の右側)には、鉄器時代初期(BC12C頃)からAD7C頃まで続いたとみられる集落跡が確認されました。それは、アルバニア人の祖先と言われるイリリア人の時代から、ローマ・ビザンチンの時代になります。
今のリンの集落は半島の西側(写真の左側)に集中しています。東側にだけ集落があったということは考えにくいですから、おそらく、いまの集落も、家の下を掘れば古代の遺構がゾロゾロ出てくるのでは、と考古学ファンの私は考えるのです。そして、お目当ての教会遺構はこの半島の上(ちょうどこの写真を撮影している位置)にありました。

 リン半島より。北マケドニア方面

 

◆初期キリスト教教会(Paleo Christian Church)跡

これが、その遺構の一部分です。
1967年に地元の考古学博物館長によって、初めてその存在が確認されたとのことですが、おそらく地元の人はその何百年も前から何かあることは知っていたのでは、と想像します。発掘調査は翌68年から始まり、4年後の1972年にはほぼ調査が終了しました。全容を現した初期キリスト教教会は、3つのアプス(祭壇)と独立した洗礼堂を持つバシリカ(Basilica:長堂式教会)で、床は鮮やかなモザイクで覆われていました。AD6C初期に栄えたものとわかりました。

別の部分を撮影した、やはり教会跡です。筆者は考古学の素人ですが、遺跡の楽しみ方については、過去30年間、地中海地方の旅でお世話になった数多くのガイドさんから同じアドバイスを受けました。それは、想像力を逞しくして訪問する、ということです。このように建物の基礎は石造りのため残っていますが、その上の構造物は木造のため、残っていません。この石組の上に、大きなビザンチン様式の教会が鎮座していたのです。皆さんも目をつぶって想像してみましょう。
また、今写真に写っているところは、全て1967年以降の修復です。修復するときは、あくまで、合理的に(その形であったことがわかっている範囲で)、オリジナル部分とは区別できる形で、そこが修復であることがわかるように行います。地中に掘られた中を覗くと、オリジナルの部分かと思われる箇所も見えていました。

 

教会の想像図(模型)です。皆さんの想像と比べて、如何ですか?この写真は、このブログに記している情報の大部分を依拠した、
“The Mosaics and the Basilica of Lin” -Uliam Chikopano, First Edition 09/2015 English Version に掲載されているものです。
上部は木造、と言いましたが、壁の上まで石造りだったように見えますね。

 

◆パストフォリウムの床を飾る見事なモザイク

パストフォリウムとは、初期キリスト教会にのみ見られる多目的な側室で、福音書や典礼に使用される器具を保管した場所です。現場では、西側の入口を入ってすぐ左側にありました。その床は、鮮やかなモザイクで飾られています。この教会はその床のほとんどがこのようなモザイクで覆われていたと考えられ、実際、まだ多くが残っていますが、その大部分は保存のため、砂を被せられています。しかし、訪問した時、それは幸運にも堂々とその威容をさらけ出しており、私たちの目を楽しませてくれました。
中央のひし形の中に描かれている模様は「聖餐」を象徴したもので、盃から葡萄の枝と実が溢れ、家禽が配されています。このような模様は、アルバニア、北マケドニア周辺において6世紀初頃、たくさんの教会で使われたとのことです。
また東側(写真右上)に向かって突き出ている部分は、真ん中に魚のうろこの模様があり、それを交互に入れ違ったユリの花が飾っています。この模様はローマ時代のモザイクではAD2世紀ごろに現れる、非常に古いものです。ここはcommunion(聖体拝領)と呼ばれる一角で、これも初期キリスト教会の特色を示しています。

 

◆リンに泊まる

  

教会跡のある丘からは、眼下にリンの村が見えます。湖畔に立つ、まだ新築と思われるゲストハウスで、おかみさんに幻のマス「コーラン」(オフリド湖だけに生息する天然のマス)の手料理をご馳走になりました。

 
 
食堂兼リビングの壁には、ゲストハウスを切り盛りしているご主人とおかみさんのナイスな油絵が掛かっていました。背景はさっき見てきたリンの村の風景です。幸せのおすそわけをもらったようななんともほのぼのとした気分になりました。ご主人とマスの写真でこの小稿を終わります。
©新谷恵司
 
 
最後までお読みいただきありがとうございました。どうぞコメントをお残しください。

アルバニアの食事

アルバニアの料理は、ひとことでいうとギリシャの料理とトルコ料理を足して2で割ったような感じをうけました。
イスラム教の国なのですが、お酒も飲むし、豚肉も食べます。
チーズや野菜、パンが必ず山盛りででてきて、テーブルにならんでいました。
食材はどれも地元で採って地元で加工したスローフードで、とても健康的でした。
サービスもフレンドリーで適切で感じがよかったです。

写真は、アルバニアに入国して最初の食事で、クルヤ城塞でのランチ
スープとメインとデザートという世界標準なメニューですが、お肉は羊、デザートには穀物の甘いもの(韓国の薬菓のようなテイスト)がつき、ふつうの欧米ごはんとはちょっとちがっていますね。

アルバニアの世界遺産(カルパティア山脈とヨーロッパ各地の古代及び原生ブナ林)

アルバニアの世界遺産は3つ、文化遺産が2つ、自然遺産が1つです。
自然遺産として指定されている、「カルパティア山脈とヨーロッパ各地の古代及び原生ブナ林」について、ユネスコのサイトより引用いたします。

「カルパティア山脈とヨーロッパ各地の古代及び原生ブナ林」に登録されているのは、12の国・78の地域で、アルバニアでは、以下の2か所が登録されています。

 Rrajca は、オフリド湖の近くで、近くを車で通りましたが、全然知らなかったです(ひ)

Name & Location State Party Coordinates Property Buffer Zone
Lumi i gashit Albania N42 28 53 E20 3 26 1,261.52 ha 8,977.48 ha
Rrajca Albania N41 12 11 E20 30 2N42 28 53E20 3 26 2,129.45 ha 2,569.75 ha

the last Ice Age, European Beech spread from a few isolated refuge areas in the Alps, Carpathians, Dinarides, Mediterranean and Pyrenees over a short period of a few thousand years in a process that is still ongoing. The successful expansion across a whole continent is related to the tree’s adaptability and tolerance of different climatic, geographical and physical conditions.

Description is available under license CC-BY-SA IGO 3.0

Ancient and Primeval Beech Forests of the Carpathians and Other Regions of Europe

大アルバニア主義は思想に非ず、事実を表現したもの

深紅の下地に黒い双頭の鷲。アルバニアの国旗である。初めて、アルバニアへの旅を思い立ったとき、ネットで調べ始めて飛び込んできたのがこの強烈なイメージだった。また、ネット上には「大アルバニア主義」といった言葉も飛び交う。おっと、この国は右派国粋主義者の国なのか?日本語による情報はほとんどないため、皆目わからない。知り合いの専門家、研究者は全員セルビアや旧ユーゴスラビアに偏している。これは行ってみるしかない、という結論になった。

カトリック教会の聖人マザー・テレサがアルバニア人であることを知っていましたか?

成田を発ち、我々はマケドニアの首都スコピエから旅を開始した。巨大なアレクサンドロス大王など、数々の銅像・彫刻の立ち並ぶテーマパークのような市街地の中心部に聖人マザー・テレサの生家跡と、記念館があった。われわれ世代の記憶には、彼女の晩年の姿が、故ダイアナ妃の慈善事業と重なり合う。小さな記念館だが、マザーの生い立ちを知り、その偉大な足跡に驚嘆するには十分だった。次いで我々はコソボの首都プリシュチナへ向かった。するとそこでもまたマザーの銅像に出会う(写真)。それはマザー・テレサ通りと名付けられた目抜き通りに建てられていた。「なぜ、ここにもマザーの銅像が?」と聞けば、「マザー・テレサはアルバニア人。すべてのアルバニア人の誇りです。」とのこと。そう答えたのは、アルバニア系コソボ人であるガイドのヤトンさんだ。我々を乗せたバスがコソボに入ったところで乗り込み、いきなりアルバニア人運転手とひとこともわからない言葉でおしゃべりを始めたので、ハッと気付いたのだが、コソボは事実上アルバニア人の国(9割以上がアルバニア人)であった。そう。この住民構成が世界の注目を浴びたコソボ紛争(1998-99)の原因でもあったのだ。実は、アルバニアの首都ティラナにもマザー・テレサ通りはあり、また国際空港はマザー・テレサ空港の異名を持っている。

アルバニアの旅を終えた印象。コソボで会った修道院のセルビア人や、マケドニアの人々も含めて、出会った人は素朴で穏やか、そしてホスピタリティに富む人ばかりであった。冒頭にご紹介した真っ赤な旗は、真っ青な空と海、そして新緑の山々によく映えて美しかった。「大アルバニア主義」たる言葉を過激な民族主義、拡張主義、という風にとらえるのは間違いではないか?そんな印象を持っていたら、世界の耳目を集める「事件」が起こった。サッカーW杯ロシア大会で、セルビアと対戦したスイスのアルバニア出身選手2人が、ゴール後相次いで「鷲のポーズ」をし、FIFAの制裁を受けてしまったのである。
(事件を報じるswissinfoの記事)
https://www.swissinfo.ch/jpn/ワールドカップ…

私は改めて、「大アルバニア主義」なるものの実体、本質を知りたいと思った。しかしその結論を出すには、まだ私のアルバニア体験は大いに不足している。それでもそれなりに調べた結果として、先般、英国における学会で出会ったアルバニア人の過激主義研究者から得た見解をもベースに、私見を記しておこう。

「大アルバニア主義」とは、主義主張、思想である前に、事実である。ここでいう事実とは、アルバニア語という言葉を話し、文化をひとつにするアルバニア人が、現在の国境を越えて分布している、ということだ。そして、コソボという、かつてセルビアが支配し、正教会の総大司教座も置かれていた地域において、アルバニア人が圧倒的な人口的優位を保っている、ということでもある。コソボは2008年に独立したが、旧東側諸国にはまだその承認をしていない国も多い。逆に、アルバニア、コソボは親米、親NATOの路線をとる。先述のサッカーの試合においても、セルビアの対戦相手はスイスであるのに、(アルバニア系選手が多いため)セルビア・サポーター側からは執拗な挑発があったという。このように、セルビア民族主義に対する反作用としての性質も持っている。民族としてのアイデンティティを保つことは、どの民族においても当然のことである。しかし、アルバニアについて言えば、セルビアに対する政治問題を常に抱えており、この文脈において大アルバニア主義を安易に持ち出すと、それは安全保障問題に発展する懸念がある。しかしその一方で、現在大きな政治潮流となったり、過激武装主義勢力が台頭したりといった問題には至っていないのだ、ということも理解しなければならないのではないか。(J)

このサイトについて・・・

~ヨーロッパの秘境と呼ばれるアルバニア。行ってみたら、そこは優しい人たちの住む、穏やかな国だった。

2018年の5月に、マアルマート協議会のツアーでアルバニアにいきました。
マアルマート協議会のツアーは、エリコ通信社中心のグループ旅行で、年に一度のペースで中東を中心に世界各国をマアルマート(英知という意味)を求めて旅してまわるというもので、26回目の今年は、マケドニア・コソボ・アルバニア・ギリシャを回りました。

事故もなく楽しく旅行を重ねてきたのですが、今回ははじめて大きなハプニングがありました。

それはツアーリーダーの虫垂炎!

どうなることかと思いましたが、アルバニアの首都ティアラの病院にリーダーを残してツアーは続行し、最後の日に合流して無事帰国の途につきました。

そのときに、アルバニアの旅行会社の方が、ほんとうに親身になって、リーダーおよびわたしたちの面倒をみてくださり、、、とても助かりました。
親身になって、、ということばがこれほどぴったりくる経験は、今までありませんでした。

そういうことがあり、すっかりアルバニアファンになってしまった私は、このサイトを始めることにしました。(ひ)